下地島空港歩道ルーフ

竣工時期 2019年9月
状況 新築
規模 1期 362㎡(表面積)/2期 275㎡(表面積)
施主 沖縄県
設計 (有)岩下建技コンサルタント
施工 下地島空港施設(株)

使用膜材:A種膜材

下地島空港は従来、国内唯一の民間航空機の訓練空港としてに利用されて来たが、LCC国際線・国内線等の誘致と周辺土地活用のため、2019年3月みやこ下地島空港ターミナルが新設・オープンした。当施設の一部を形成する歩道ルーフに膜屋根が採用されている。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。