会社概要

会社名 協立工業株式会社
本社 東京都中央区新富1丁目15番7号
TEL 03-3552-2951 FAX 03-3551-0576
宇都宮支店 栃木県宇都宮市上横田町773番地 <工場・一級建築士事務所>
TEL 028-658-1155 FAX 028-658-1157
設立 1944年12月15日
代表取締役会長CEO 飯塚佳央
代表取締役社長 飯塚宜広
資本金 6000万円
従業員数 40名
許可・登録 特定建設業 国土交通大臣許可特-29 第6338号
一級建築士事務所 栃木県知事登録(A)第890号
ISO認証 ISO9001:2015 JQA-QM6205

沿革

  • 大正15年5月

    飯塚帆布工業所として発足、帆布縫製並びにロープ類の加工販売を開始。
  • 昭和19年12月

    組織を株式会社に改め興亜工業株式会社を設立、本社を京橋区新富町に置く。
  • 昭和33年10月

    協立工業株式会社と改称。
    倉敷レイヨン株式会社のビニロン袋打ちケーブルしばり紐の総発売元となる。
  • 昭和42年7月

    宇都宮市上横田に縫製、製紐、鉄工の総合工場を開設。
  • 昭和48年12月

    資本金を6000万円に増資。
  • 昭和55年8月

    宇都宮営業所内に一級建築士事務所を開設。
  • 昭和59年8月

    代表取締役死去に伴い、飯塚訓雄から飯塚佳央に代表者変更。
  • 昭和60年6月

    社団法人日本膜構造協会に加入。
  • 昭和62年11月

    宇都宮工場が特定膜構造建築物の膜体加工工場(Mグレード)に指定される。
  • 平成2年2月

    四フッ化エチレン樹脂コーティングガラス繊維布を使用した恒久膜構造建築の第1号を、日本国土開発構造実験棟に建設。
  • 平成4年6月

    宇都宮新管理事務所竣工。
  • 平成10年4月

    大林組、ユニチカグラスファイバーに協力し、シリカ繊維を用いた耐火スクリーンの開発を開始。
  • 平成15年11月

    ISO9001:2000拡大認定取得。
    JQA-QM6205
    認証機関 日本品質保証機構(JQA)
    登録活動範囲
    1.膜構造建築の設計・開発(構造設計を含む)、製造及び施工
    2.高機能繊維製品の設計・開発及び製造(シリカ繊維、鉛繊維、ガラス繊維、パラ系アラミド繊維、ポリアリレート繊維、高強力ナイロン、難燃ビニロン、メタ系アラミド繊維、炭素繊維等を素材とする)
    3.通信ケーブル用しばり紐の製造
  • 平成25年9月

    特定天井対策フェールセーフネットの設計基準案作成を国土交通省に協力。
  • 平成26年8月

    膜構造 形状・応力変形・裁断解析プログラム EasyをドイツTechnet社より導入。
  • 平成26年8月

    安全防護ドアRP300がトヨタ自動車国内工場に採用。
  • 平成28年4月

    CAD/CAM大型膜自動裁断機 ARGON(W3.9m L12.8m)(Autometrix社)導入。
  • 令和元年9月

    代表取締役会長に飯塚佳央、代表取締役社長に飯塚宜広が就任。
  • 令和元年9月

    東京オリンピック・パラリンピック テニス試合会場 有明テニスの森第1コート膜構造竣工。
膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。