駒ヶ根駅前広場

竣工時期 2019年10月
状況 新築
規模 97㎡ (膜表面積)
施主 駒ケ根市
設計 (株)環境計画
施工 (株)ヤマウラ

使用膜材:A種膜材

大庇に膜屋根が採用され、昼間は太陽光を柔らかく透過する明るい空間を創出し、夜間は間接照明で暖色の光を軒下に照らします。
市の木である赤松は、軒裏のルーバー・柱の化粧材として使用しルーバーの間隔は意匠性と膜からの採光バランスが考慮されています。
積雪荷重は100cm(30N/㎡・cm)で設計し、駅舎側には雪止め金物を設置することにより、雪害対策を施しています。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。