八戸市一般廃棄物最終処分場

竣工時期 2016年4月
状況 新築
規模 9,532㎡(表面積)
施主 八戸市
設計 (株)エスイイシイ
施工 (株)石上建設

使用膜材:B種膜材

八戸市一般廃棄物最終処分場は4区画で構成され、総埋立容量215,000㎥である。区画が埋め立てられると次の区画に移動するため、上屋は移転できる構造に設計されており、膜材の軽さと可搬性が採用の主な理由です。滑雪性を高めるために屋根勾配を大きくとった形状となっています。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。