SOGOKAGU DesignLabo

竣工時期 2015年8月
状況 新築
規模 840㎡(膜表面積)
施主 (株)相合家具製作所
設計 (株)隈研吾建築都市設計事務所/構造:江尻建築構造設計事務所
施工 徳倉建設(株)

「柔らかい外壁」をテーマにデザインされた建築物。

国内で初めて、恒久施設の外壁として本格的にETFEが使用された。建物内壁には、繊維入・半透明膜材が使用されている。外壁面の構成(外側より順に)ETEF+鉄骨躯体+発砲ウレタン+糸入・半透明膜何れも透過性の有る材料が使用されており、屋内からは外の光が透けて見える。

使用膜材…外壁⇒ETFE250μ・白 内壁⇒サーニティW(糸入・半透明膜)

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。