東京国際空港 (羽田) 第2ターミナル 国際線 ETFE膜構造

竣工時期 2020年2月
状況 増築
規模 6,474㎡
施主 日本航空ビルデング(株)
設計 梓・安井・PCPJ・東京国際空港第2ターミナル国際線施設 設計共同企業体
施工 大成建設(株)

使用膜材…ETFE500μ・印刷+PTFE・不燃膜

ETFE500μを大規模膜建築に採用した、世界初の建築物である。
【災害に強い空港】をテーマに、万が一屋根が落下をしても人命を優先できる膜構造、膜材料ETFEが採用された。
クッションTYPEを採用することにより、増築フレームへの荷重負担を軽減してる。
又、ETFE+印刷の採用により、日射遮蔽を行いつつ、照明の点灯時間を少なくし空調負荷の軽減、エネルギーの利用効率にも貢献している。
耐火性能を確保するため、ETFE+PTFEというハイブリッド膜構造となっている。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。