さいたま文学館・桶川市民ホール

竣工時期 2015年10月
状況 改築
規模 363㎡(フェイルセーフネット面積)
施主 埼玉県
設計 (株)コプラン設計事務所
施工 吾妻工業(株)

ワイヤーを≒1,200~1,800ピッチにて取付け、その間にフェイルセーフネットを設置。
ワイヤー及びフェイルセーフネットの長さは18,000。
14本のワイヤーと13枚のフェイルセーフネットにて、フェイルセーフ面を構成。
国交省設計例【ネットによる落下防止措置】の、最も標準的なスタイル。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。