江戸東京博物館

竣工時期 1993年3月
状況 新築
規模 435㎡
施主 東京都
設計 菊竹清訓建築設計事務所
施工 鹿島建設(株)

使用膜材:A種膜材

江戸東京博物館の2Fデッキにある当休憩所は、大きさの異なるいくつものこぶが連なる形状の膜屋根が特徴です。この形状をシャープに実現するためには、詳細な膜面解析、一枚の膜での製作・加工、高張力を導入できるディテールテール等の技術が必要です。竣工後27年経過していますが初期の張りを保っています保っています。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。