中央区立中央小学校屋上グランド可動膜屋根

竣工時期 2012年7月
状況 新築
規模 2,106㎡
施主 中央区
設計 (株)久米設計
施工 戸田・伊藤組・白岩JV

使用膜材:A種膜材

都心の狭小地という立地を考慮し、屋上にグランドを設け、全天候に対応するべく可動膜屋根となる。

膜は透光性に優れているため、曇天時でも照明は不要とのこと。

また膜材料生地巾を最大限に活用し、タテ糸を短辺方向に用いシームライン(溶着ライン)を鉄骨梁上に設けました。

パネルは6枚で構成されており、開閉方法はレール鋼上を鉛直車輪・水平車輪が走行する方式を採用し、外周定着部金物は避雷導体も兼ねております。

膜構造建築に関するご相談・お見積もりはお気軽にご連絡ください。